スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wiiゲーム

 Wiiを購入しました。
 いろいろなソフトを購入し、しかし、ネットを良く見ましたら、
 
 このような改造して、ただでゲームを遊ぶ人がいました。

 http://pcroom.blog35.fc2.com/blog-entry-640.html

 スーパーマリオが使えるように、ずいぶんと苦労しているようですね。

 
スポンサーサイト

座禅

 フォトリーディングを勉強したことがあります。
 フォトリーディングを続けていけば、周縁視野を広げるができます。
 なぜ、周縁視野をひろける必要があるかというと。
 本の一文字や一フレーズではなく、ページの端のほうまでしっかり目に入ってくる。そのほかに周縁視力が上がると視界に現れるほんのわずかなてかがりにも、敏感に反応できるようになるのです。
 
 周縁視野をひろけるには 禅 や 瞑想を 実際にやる必要があります。
 
 私は太極拳を練習したことがあります。そして、瞑想をやるに当たっては、
 ①息を吸い込む 5秒
 ②息を止める  7秒
 ③息を吐く   9秒
  
 本日、次男と一緒に瞑想をしてみました。
 
 
 

SP速読教室 (速読体験)

 今日、19:30~22:30まで SP速読教室にて無料体験をしました。
 教室は池袋のサンシャシン 45階のひとつ小さいな部屋です。
 ドアはOPENな状態で、左側から正面の壁までにノートパソコンが置かれています。スタッフは3人でしょうか。
 すでに、お客さん2人が入ってきます。
 早速、体験を始めました。
  インストラクターからまず、質問があります。速読に興味を持ったきっかけは?などなど
  私(体験者)からの質問。
  そのあたりのことをそこそこして、早速、体験開始
 ① 初めに、適当な本を2冊を選んで、1分間のみ読んでみる。その読んだ文字数をカウントする。(文字のカウント仕方は 行数を調べて、長い行と短い行を自分判断で1行とカウントするそうです。それから行数から字数。本によって字数が決まっている。)
 ② 私の場合、いきなり 960字/1分、平均値の1.5倍らしいです。
 ③ そのあと、パソコンとにらめっこして、モニターに一回につきひとつ文書が一節ずつが写しだされ、そのあらわれてくるスピードを自分で調整ができる。これ以上読解不能になるような限界値は自分の読みスピードとなるようです。
 ④ 上記の練習をしばらくスピードを早めたり、遅くしたりして、続けてみた。
 ⑤ 次は、単語が上と下に交替に現れ、目がスムーズに追うことができるかの練習。
 ⑥ 実際に本を開き、行にそって指を素早く動かし、その速さで文書を目で追っていく。とにかく、見るのみに集中する。文書の意味は現段階は不要。
 ⑥ 目の練習一段落したら、もう一回本を出して読んでみる。あら、1200分/1分になりました。
 おおむねの体験はここまで
 感じたことは3点があります。
 ① SP速読はパソコンソフトを利用して、視野拡大、目の動きを利用して、速読を習慣づける。
 ② Sp速読はほかの速読(たとえば、フォトリーディング)と違って、脳の原理などをあまり重要しないようです。
 ③ 初級、中級、上級になるにはすくなくとも100時間以上が必要。

 無料体験のあと、練習用のソフトと入会金無料券、もう一回招待レッスンのチケットをもらいました。
 
 いこうかなあ? 目と脳を鍛えて、在宅貿易に役に立ってほしいなあ。
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。